環境

Environment

環境方針

ツガミは、創業以来培ってきた精密技術を基礎に市場ニーズを絶えず先取りし、新しい価値の創造を通じ、社会に貢献することを経営の基本方針としており、お客様のご要望に合致した「高精度」「高速」「高剛性」の製品を提供することにより、長期的に成長を持続させていきます。

ツガミグループは、気候変動問題及び環境課題への対応も重要な経営課題のひとつであると強く認識しています。パリ協定の枠組みや、日本政府が掲げた2050年までにCO2排出量を実質ゼロにする目標のもと、持続可能な社会を実現する為に企業が果たすべき役割を認識し、ビジネスを通じてこの課題解決を実現することが、ツガミグループの持続的成長に繋がると考えます。

以下を環境方針として、「サステナビリティ委員会」が取り組みの企画、管理、運営を総括します。

基本方針

  • 気候変動が地球共通の重要課題であることを認識し、製品・サービスのライフサイクルの観点をもって、グループのあらゆる事業活動に由来する温室効果ガス排出量の継続的削減を行います。
  • 製品・サービスの全ライフサイクルにわたり環境への影響を配慮し環境負荷の低減に努めます。
  • 関連する環境法規制、その他の要求事項を遵守し、自主管理基準を設定し、環境汚染の未然防止に努めます。
  • 環境目的・目標・実施計画を設定し、継続的な改善を行うことにより環境への負荷を軽減し、環境と調和する事業活動を目指します。また、それらは必要に応じて見直します。
  • 環境教育や啓発活動を実施し、全従業員及び当社で働く全ての人への環境方針の理解と情報の周知をします。
  • 環境情報を社外に開示いたします。また地域や社会との交流を図り、環境保全活動に積極的に協力します。

環境への取り組み

カーボンニュートラル2050年実現に向けた中長期目標設定

地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量削減のため、2050年カーボンニュートラル達成とそれに向けた中長期目標を新たに設定いたしました。気候変動への対応に向け、取り組みをさらに強化・加速してまいります。

中期目標:
2030年CO2排出量55%削減(2013年度比)
事業活動からのCO2排出量(Scope1+Scope2)を55%削減

長期目標:
2050年カーボンニュートラル達成
事業活動からのCO2排出量(Scope1+Scope2)実質ゼロ

Scope1:事業活動での燃料の燃焼などによる直接排出
Scope2:他者から供給を受けた電気等の使用に伴う間接排出

これまで、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、様々な取り組みを進め、国内事業活動で排出されるCO2排出量を着実に削減しております。今後、省エネ設備等の導入・更新の継続、再生可能エネルギーの使用拡大、工場における生産技術革新の推進、省エネ・生産効率向上を図る新製品開発などの取り組みを、強化・加速して進めてまいります。