ホーム企業情報 > 沿革

沿革

1923年6月(大正12年)創業者、津上退助が東京本所大平町でゲージブロックの研究を始める
1937年3月(昭和12年)新潟県長岡市に(株)津上製作所を設立。ゲージブロックの生産開始
1939年6月(昭和14年)「L型ねじ切りフライス盤」T-TML500生産開始
「油圧式万能円筒研削盤」T-UG300生産開始
1942年10月(昭和17年)津上精密工学工業(株)を設立、工場を長野県佐久市に建設
これを1945年2月に吸収合併し信州工場とする
1946年6月(昭和21年)研削盤、転造盤、ミシンの生産を始める(工作機械製造禁止令発令)
1949年5月(昭和24年)東京、大阪、新潟証券取引所に上場
1957年11月(昭和32年)T-7形「主軸移動型自動旋盤」を製造販売
1968年4月(昭和43年)転造技術の研究と開発の成果に対して第14回大河内記念生産賞を受賞
1970年11月(昭和45年)社名を(株)津上に変更
1972年10月(昭和47年)歯車研削盤の研究と開発の成果に対し第2回大越記念賞を受賞
1973年9月(昭和48年)リードターナ機構を装着した「くし刃型自動旋盤」VCL完成
1978年6月(昭和53年)CNC複合自動旋盤「マーキュリーシリーズ」を開発、発売
1982年3月(昭和57年)CNC精密自動旋盤PAN1が第12回中小企業向自動化機械開発賞を受賞
1982年10月(昭和57年)社名を(株)ツガミに変更
1984年3月(昭和59年)「マシニングセンタ」MA3が第14回中小企業向自動化機械開発賞を受賞
1992年7月(平成4年)「CNC精密自動旋盤」S20シリーズが第22回機械工学デザイン賞を受賞
1994年5月(平成6年)計量法トレサビリティ制度に基づく端度器(ゲージブロック)の校正認定事業者として子会社(株)ツガミプレシジョンが認定取得
1999年1月(平成11年)信州工場、品質マネジメントシステム ISO-9001取得
1999年2月(平成11年)長岡工場、品質マネジメントシステム ISO-9001取得
2000年10月(平成12年)長岡工場に自動旋盤用組立工場完成
2000年11月(平成12年)長岡工場、環境マネジメントシステム ISO-14001取得
2001年7月(平成13年)長岡工場に研削盤用組立工場完成
2003年9月(平成15年)津上精密机床(浙江)有限公司を設立
2005年11月(平成17年)長岡工場及び信州工場の新工場棟完成
2007年4月(平成19年)韓国支店を設立
2007年11月(平成19年)欧州現地法人 TSUGAMI GmbH を設立(現TSUGAMI EUROPE GmbH)
2010年2月(平成22年)韓国現地法人 TSUGAMI KOREA Co., Ltd.を設立
2010年11月(平成22年)浙江品川精密機械有限公司を設立
2011年4月(平成23年)インドにTSUGAMI PRECISION ENGINEERING INDIA PRIVATE LIMITEDを設立
2011年6月(平成23年)インドにTSUGAMI TECH SOLUTIONS INDIA PRIVATE LIMITEDを設立
2011年12月(平成23年)津上精密机床(浙江)有限公司、品質マネジメントシステムISO-9001取得
津上精密机床(浙江)有限公司、環境マネジメントシステムISO-14001取得
2012年3月(平成24年)シンガポールにTSUGAMI Universal Pte. Ltd.を設立
2013年7月(平成25年)津上精密機床(中國)有限公司 を設立
2013年9月(平成25年)津上精密機床(香港)有限公司 を設立
ページの先頭へ戻る
製品情報 サポート
企業情報
採用情報 ニュース