ホーム株主・投資家情報 > 社長メッセージ

社長メッセージ

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、当社第114 期第2 四半期の営業概要等につきましてご報告申し上げます。

当第2 四半期連結累計期間におけるわが国経済は、円高の継続により企業収益や設備投資の改善に足踏みが見られ、景気の先行きは不透明な状況となってきております。

工作機械業界におきましては、国内市場はものづくり補助金効果があったものの、全般的には低水準で推移しました。海外市場は改善傾向にあった欧州、米国がいずれも減速化に向かい、中国は一部で回復の兆しがあるものの、依然低迷状態が続いております。

このような状況の下、当社グループの当第2 四半期連結累計期間の売上高は18,401 百万円と前年同期比13.0%の減収となりましたが、営業利益は1,452 百万円( 同9.9%増)、経常利益は1,057 百万円( 同24.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は730 百万円( 同7.4%増) といずれも増益となりました。

平成29 年3 月期の中間配当金につきましては、当初予想のとおり1 株につき8 円とさせていただきました。なお、期末配当金につきましても1 株につき8 円( 中間配当金8 円と合わせて年間16 円) としております。

株主の皆様におかれましては、今後共より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 
2016年11月
代表取締役 CEO 西 嶋 尚 生
ページの先頭へ戻る
製品情報 サポート
企業情報
採用情報 ニュース